ひっつき

写真の例には、焼成の時にくっついたへそがありますが、他にも、砂のようなものが付着したものなどがあります。無理にとろうとすると火鉢自身を破損してしまう危険性があるので、そのままの状態で使用することをおすすめします。