関東長火鉢

小引出しと火鉢が一体になったもので、けやきなどの木材を使用して作られています。一品一品手作りされたもので、 すべての製品が微妙に異なります。使われている木材の種類や木目、火鉢自身の作りによって評価が異なります。


関西長火鉢

関東長火鉢と大きく異なる点は、テーブルのように張りが出ている点です。名前のとおり関西方面で盛んに使われた火鉢で、 関東ではほとんど見かけません。